効果抜群!バッティング上達の練習方法と器具まとめ。トレーニングの参考にどうぞ

どうも竹田です。 
今回は、打撃上達に効果が期待できる練習方法や器具を、まとめましたのでご紹介します。なるべくたくさん教えていきたいと思うので、1個でも多く実践してもらえるといいんじゃないかと思います。それではどうぞ!

ミート力を上げるトレーニング

➀スタンドティー

バッティングの最も基礎的な練習となります。一人でもボールを打てますし、コースや高さの調節が可能なので、柔らかいボールを使うことで、室内でも練習可能です。

※注意点

最初からボールを見るのはなく、まずは投手方向をみて、ちゃんとボールが来るイメージを持ちながら、それで打つようにしましょう。初めからボールを見て打つようなクセが身についてしまうと、あまり良くありません。

フィールドフォース バッティングティー FBT-351

 

②シャトル打ち

これはミート力をつけるのに最適な練習です。押し手(左打者は左手)でラケットを持って、シャトルを連続でひたすら打ちまくります。ミートするのに大切な、手首の使い方とヒジの使い方を効率的にマスターできます。

YONEX バドミントン ラケット B4000 ライム

 

③スローボール打ち

これはボールを引きつける練習の基本となります。なるべく遅いボールを、なるべく引きつけて自分のポイントで確実に打ち返します。速いボールや変化球の練習はこれをクリアしてからです。

 

④トスバッティング

トスバッティングの利点は、とにかくいろんな種類をアレンジ自在で打ち込めることです。それこそ無限の数ほどの組み合わせが存在するので自分に合ったオリジナルのやり方を見つけていくのもありです。

 

⑤インサイダーバット

バットの軌道が遠回りするのを防ぎ、最短距離でスイングできるように矯正できます。ボールを引き付けて捉えるまで体が開かないようになります。「ムチのように打つ」感覚をつかむための練習器具です。

インサイダーバット(12才以下用)

インサイダーバット(12才以上用)

 

⑥長尺スイング

普通よりも長さのある物を使用してスイングします。これをすることで、レベルスイングが身に付いたり、ドアスイングの矯正にも効果があります。

使用する物は、自然界にある普通の竹でもいいですし、ほうきでもいいです。これは特に、バッティングの専用バットにこだわる必要はありません。ホームセンターや100均などでも十分に使える物はあります。

 

 

スイングスピードを高めるトレーニング

➀素振り

基本的には一人でやるのがベストです。大勢で振るのとは集中度合いが違いますし、なにより試合で打席に立っているのは、あなた1人だからです。ただ、少年野球をやっている子供の場合、まだまだ理論なども確立していないので、親やコーチがついてマンツーマンで行うのがいいでしょう。素振りの最大の利点は、わざわざ打球を気にしなくてもいいところにあります。

素振りは全員に効果ない。正しい素振りのやり方とは?

 

②ロングティー

この練習は、ボールを遠くへ飛ばす技術を身に付けるのに最適です。遠くへ飛ばす技術はバッティングの原点とも言えます。

※注意点

打球を高く上げようとし過ぎて、うしろの腰が下がらないように注意してください。ボールを遠くへ飛ばすのが目的ではありますが、あくまでもボールにバックスピンをかけて飛ばしていくようにしないと、ただただ形を崩していくだけになってしまいます。

 

③タイヤ打ち

インパクト時の力の伝達(押し出し)を覚えるための練習です。これはタイヤでもサンドバックでも、誰かに手でおさえてもらっても構いません。腕力に頼らずに全身でグ~っと押し返す感覚をつかんでいきましょう。

 

④重くて飛ばないトレーニングボール

このボールは大人が芯で打ってもほとんど飛ばないので、インパクトの強化に最適です。この練習をすることで、少しでも遠くへ飛ばすために工夫をするようになるので長打力UPが期待できます。

ちなみに、この商品はPUとPVCという素材がありますが、基本的にはPUのほうが頑丈で長持ちしますので、本サイトではPUのほうをおすすめしています。

UNIX トレーニング重打撃ボール300g(12才以下)

UNIX トレーニング重打撃ボール500g(12才以上)

 

⑤バランスボール打ち

バランスボールに座りながら振る。あるいは打ちます。スイングバランスを体で覚えていくために必要な練習です。特に、子供のうちはまだまだスイング自体にフラつきが必ずあるので早めに取り入れたい練習です。

イスに座って振る練習もありますが、それよりはバランスボールに座りながら振ったほうが10倍効果あります。

ギムニクフィットボール55

 

⑥バランスボール打ち2

こちらも上と同じで、スイングバランスを体で覚えていくために使える練習です。おそらく、いきなり打つことは難しいので、最初は両足でしっかり立っているだけでも十分です。それに慣れたらスイング、さらに慣れたらトスバッティングという感じで少しつづレベルを上げていきましょう。

La-VIE バランスファイター ポンプ付き 2個入り

 

⑦メディシンボール

最近流行の筋力トレーニングの器具を使うと、割とすぐに筋量は増えますが、メディシンボールでトレーニングすると、質の高い筋力がジワジワとついていきます。しかも、かなりバッティング動作に近い動きであるため無駄がなく、非常に効果的です。

 

リンドバーグ メディシンボール 2kg

 

⑧スウィングスタンド

体重移動の感覚を覚えるのに最適な練習です。角度のついた台を使うことで、あらかじめ踏み込み足に体重を乗せておきます。これをすることで強制的に体重移動をうながせるので、体が小さくても打球を飛ばせる体の使い方が身につきます。

 

⑨守備練習(捕球~スローイングまで)

無意味な「1000本ノック」

守備練習もバッティング向上にはとても有効です。よく「1000本ノック」など高校野球の練習でも行われますが、ただ捕球だけして終わり。というケースが非常に多いです。これはとても勿体ないことです。

野球というのは、ただボールを捕っただけではアウトにすることは出来ません。正確なスローイングまでして初めてアウトになるのです。であれば、ただ捕球するだけの練習は、むしろ動きの流れを止める悪いクセがつく可能性すらあるので、しっかりとスローイングまで行っていくべきでなのです。

体の使い方は同じ

守りの動作も、バッティングの動作も使い方としては見ての通り、全く同じです。つまり、バッティングが下手な選手は、守備も下手だということです。守備の技術を磨いていくことで、バッティングの技術も同時にレベルアップするのです。

 

対応能力を高めるトレーニング

➀ミニボール打ち

小さくてなるべく変化するものを打ちます。例えば、ゴルフ練習球、ペットボトルのフタ、新聞紙、ティッシュなど、遊び感覚でいいので打ってみましょう。

何度、空振りしても構いません。あきらめずにやり続けることで徐々に当たりはじめ、やがて普通に打てるようになります。その時にはずいぶんとボールに対する対応能力が高まっているはずです。

ゴルフ練習用 ウレタンボール30個セット

 

まとめ

良さそうな練習は見つかりましたか?
今後も、使えそうな練習法があれば、どんどん追加してアップデートしきますのでぜひ参考にしてください。

 


バットは合ってますか?
指導者が教えないバットの選び方で注意すべき2つのこと


 

関連記事

  1. バッティングセンターでボールに当たらなかった初心者が簡単にホームランを打てるようになったコツ

  2. 流し打ちでホームランを打つコツ 全4ステップ

  3. 打てる選手は「構え」が違う。正しいバッティングの構え方

  4. 打ちまくる理想のバッティングフォームが身につく8ステップ。これさえ守れば基本はOK

  5. 素振りは全員に効果ない。正しい素振りのやり方とは?

  6. 前後左右どこに立つ?理想のバッターボックスの立ち位置はココ!

  7. 野球エリート実践「スイングスピード」を上げる方法&コツ

  8. 指導者が教えないバットの選び方で注意すべき2つのこと

  9. 練習では打てるのに試合になると打てなくなる3つの原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ハチミツは最強のエネルギー源だって知ってた?蜂蜜の効果、栄養、成分を暴露しよう
  2. 【夏の必需品】クエン酸で疲労を遅らせろ!正しい使い方で効果効能を得よ
  3. 『二刀流』総選挙!ガチで打てるピッチャーは誰だ?

特 集

人気記事

PAGE TOP